フリーランスは好きな場所で仕事ができるが、自宅だと誘惑が多すぎて仕事がはかどらないということもあるだろう。そこで業務効率化を目指し利用するのがコワーキングスペースだ。そんなコワーキングスペースにも、さまざまなタイプや特徴がある。時間貸しなどで気軽に利用できるドロップインタイプや、中長期で契約するマンスリーなどだ。特にマンスリーを契約する場合は、どのような環境にあるのかはぜひチェックしておくことが大切である。というのも、コワーキングスペースには明確な定義がなく、運営者によりかなり雰囲気が異なることがあるからだ。

たとえば、オープンスペースでは一切の私語禁止、フリーランス同士で話がしたければ作業デスクを離れ談話室で会話をすることが決められているところがある。その一方、広いスペースの中の一角でフリーランス向けの講座が始まり、その脇で自由に作業したり会話をしたりというところもある。そして、利用者の客層にも注目してみよう。テーブルで主婦が手芸に没頭していたり、学生が勉強していたりという光景も見られる。中には子連れでパソコンゲームをしていたり、と自由な雰囲気のところもあるのだ。コワーキングスペースの立地や周辺の環境によるところも大きいだろう。経営者の懐事情にも関係あるのかもしれない。

IT系のフリーランスはパソコンとネット環境があればどこでも仕事ができる強みがある。自分にとってふさわしい場所を開拓してみることをおすすめする。常連同士のコミュニティが既にできあがっているところもあり、それをメリットに感じる人もいればそうでない人もいるだろう。あまり自宅から遠くては自然と足が遠のいてしまうこともある。最初から中長期で契約せずに、スポット的に利用してみて気に入ったところがいくつか見つけるといいだろう。