フリーランスエンジニアは自分に適した案件を探し出し、先方と交渉して依頼を獲得するのが重要である。この営業業務を的確にこなせなければ有能なエンジニアであっても仕事ができずに成果を上げられないのは明らかだろう。営業業務は苦手な人も多くて負担になりやすいが、業務効率化のために営業の工夫をしているケースがある。基本的には自分で行わずに人に任せるという方針の代表例が二つあるので確認しておこう。

まず最初に挙げられるのはエージェントだろう。IT業界に強いフリーランスエンジニア向けのエージェントに登録し、案件を適宜紹介してもらう方法である。自分が専門としている分野に詳しいエージェントに担当してもらえると、能力や興味に合った案件を適切なタイミングで紹介してくれる。取捨選択をするのは最終的にはエンジニア本人だが、候補を予め絞り込んであるので探す負担がかなり小さくて済むのが魅力である。また契約書の書き方なども教えてもらえる。初めてフリーランスエンジニアとして働き始める場合には特に重宝するだろう。

もう一つの方法としてしばしば利用されているのが家族だ。配偶者や親・兄弟に仕事探しをしてもらっているのである。従業員として扱うと給料を出すこともでき、経費に計上すれば節税にもなるのが魅力として知られている。特に専業主婦のパートナーに依頼したり、親・兄弟のツテを使ったりするケースが多い。確かにこれにより営業業務の効率化が図れるが、手伝ってもらう家族がITに詳しくなければならないという課題もある。